田辺誠一、綾瀬はるか出演「ハッピーフライト」主題歌にシナトラの名曲 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月19日 > 田辺誠一、綾瀬はるか出演「ハッピーフライト」主題歌にシナトラの名曲
メニュー

田辺誠一、綾瀬はるか出演「ハッピーフライト」主題歌にシナトラの名曲

2008年8月19日 12:00

♪私を空に連れてって「ハッピーフライト」

♪私を空に連れてって
(C)2008 Frank Sinatra enterprises.LLC
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖(しのぶ)監督が、航空業界のドタバタをコミカルに描く新作「ハッピーフライト」の主題歌に、フランク・シナトラの名曲「カム・フライ・ウィズ・ミー」が使用されることが分かった。シナトラの曲が邦画主題歌に使用されるのはこれが初めて。

ハッピーフライト」は、コーパイロット(副操縦士)に田辺誠一、キャプテン(機長)に時任三郎、キャビンアテンダントとして綾瀬はるか寺島しのぶ吹石一恵らが出演。全日空(ANA)の全面協力のもと、実際に運航しているジャンボ機(ボーイング社製747-400)を使っての撮影が行われた。

矢口監督は、レンタルCD店などで映画に合う曲を探しているうちに、シナトラの50年前の名曲「カム・フライ・ウィズ・ミー」を見つけたという。1958年に発表された同曲は「航空機による世界旅行」をテーマにした内容で、当時のアメリカを代表する航空会社トランス・ワールド・エアライン(TWA)とのタイアップ曲として、シナトラ自身も好んで歌っていた曲。レオナルド・ディカプリオがにせパイロットを演じた「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(02)にも使われている。

シナトラの名曲には、これまでも多数のタイアップオファーが殺到しているが、楽曲使用のハードルは非常に高く、合意にいたるのはごく稀であることで有名。矢口監督は無理を承知で、プロデューサーを通じ、版権を管理する米国のシナトラ・エンタープライズと交渉したという。


本物のジャンボ機を使った撮影に臨む矢口監督(右)「ハッピーフライト」

本物のジャンボ機を使った撮影に臨む矢口監督(右)
(C)2008 FUJI TELEVISION, ALTAMIRA PICTURES,
TOHO, DENTSU
[拡大画像]

しかし、今年はシナトラ永眠から10年目。5月には最新ベストアルバム「シナトラ、ザ・ベスト!」も日本発売された。90年にANAニューヨーク線開通を記念したTVコマーシャルにシナトラが登場していたこと、またシナトラ自身が初監督した映画が日米合作の「勇者のみ」(65)であることなどから、日本との縁は深く、今回、異例とも言える早さでシナトラ側から「楽曲使用OK」の知らせが届いた。矢口監督は「夢のよう」と大喜びだ。

シナトラに関わるさまざまな権利を保有しているフランク・シナトラ・エンタープライズの副社長チャールズ・ピヨーン氏は、「シナトラは長年のキャリアを通じ、日本のファンと強い絆を分かち合っていた。新しい映像に(彼の曲が)加わることに胸を躍らせ、日本のファンと末永くつながれていくことを喜ばしく思っているに違いない」とコメントを寄せている。

ハッピーフライト」は11月15日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi