谷村美月、肌荒れが大変!ホラー映画「死にぞこないの青」完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月19日 > 谷村美月、肌荒れが大変!ホラー映画「死にぞこないの青」完成
メニュー

谷村美月、肌荒れが大変!ホラー映画「死にぞこないの青」完成

2008年8月19日 12:00

谷村美月は「X-MEN」のミスティーク風メイク?「死にぞこないの青」

谷村美月は「X-MEN」のミスティーク風メイク?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気ホラー作家・乙一の同名小説を映画化したホラー映画「死にぞこないの青」(8月30日公開)のプレミア試写会が8月18日、東京・有楽町朝日ホールで開かれ、谷村美月城田優入山法子安達正軌監督が舞台挨拶を行った。

映画は、担任教師・羽田(城田)やクラスの生徒からイジメに遭っている小学生マサオ(須賀健太)の前に、ある日、全身真っ青な不気味な少女アオ(谷村)が現れ、アオの邪悪なささやきに、いつしかマサオが羽田の殺害を決意するというもの。

人の心の闇の象徴でもあり、真っ青な特殊メイクに拘束衣を着ているアオを演じた谷村は、毎日3時間かけてメイクを施したそう。「肌荒れはするし、髪も痛みまくりでした」と苦労を語ったが、撮影から1年経ち、今はすっかりお肌も元通りになった谷村は、「苦労した分が映像にのっかっているし、やりがいがあった。頑張ったかいがあった」と、ピチピチの笑顔で作品の出来に太鼓判を押した。

一方、「花ざかりの君たちへ」(フジテレビ系列)、「ROOKIES」(TBS系列)などの人気ドラマでは生徒役を演じながら、本作では初の教師役で、しかも生徒を虐待するというダークな役に挑んだ城田は、「子供を蹴飛ばしたりする演技は、本当に気疲れして難しかった」とのこと。「生きている人間が一番怖い。リアルに寒気のする話です」と語る城田は、素顔はもちろん爽やかなイケメン。妹役の入山は、そんな城田について「兄貴肌なので違和感なく兄妹役ができました」とコメントした。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi