タランティーノ監督新作戦争映画に、マイク・マイヤーズ参戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月18日 > タランティーノ監督新作戦争映画に、マイク・マイヤーズ参戦
メニュー

タランティーノ監督新作戦争映画に、マイク・マイヤーズ参戦

2008年8月18日 12:00

配役のコメディアン色が 増してきた「オースティン・パワーズ」

配役のコメディアン色が
増してきた
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ブラッド・ピットサイモン・ペッグなど、ユニークなキャスティングで話題になっているクエンティン・タランティーノ監督の新作戦争映画「イングローリアス・バスターズ(Inglorious Bastards)」に、またもや驚きの名前がリストアップされた。「オースティン・パワーズ」や、「シュレック」の声優でもで知られるコメディアン、マイク・マイヤーズである。

マイヤーズが演じるのは、ナチ高官の一掃計画をサポートする英国人軍人エド・フェンチ将軍。出番はごくわずかだが、マイヤーズの演技の特性からコミカルなキャラクターになりそうだ。

その一方で、英国人大尉を演じる予定だったサイモン・ペッグは、「ショーン・オブ・ザ・デッド」「ホット・ファズ/俺たちスーパーポリスメン!」の“相棒”の脚本家ニック・フロストが書き下ろした、クレッグ・モットーラ監督(「スーパーバッド 童貞ウォーズ」)のロードムービー・コメディ「ポール(Paul)」に出演するため、出演を断念することになった。

また、出演予定だったならず者集団“バスターズ”の一員としてオファーされていたデビッド・クラムホルツは、噂どおりスケジュール上の都合で断念。また、米映画情報サイトAin't It Cool Newsによると、TVシリーズ「フリークス学園」で知られるコメディアン、サム・レバインが新たにキャスティングされたという。

これで同作に出演者するのは、ブラッド・ピットマイク・マイヤーズイーライ・ロスナスターシャ・キンスキー、B・J・ノバック、サム・レバインとなった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi