ハビエル・バルデムが麻薬王エスコバルの伝記映画から降板か? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月11日 > ハビエル・バルデムが麻薬王エスコバルの伝記映画から降板か?
メニュー

ハビエル・バルデムが麻薬王エスコバルの伝記映画から降板か?

2008年8月11日 12:00

「スカーフェイス」のような悪役を 期待していたのに!「NARC ナーク」

「スカーフェイス」のような悪役を
期待していたのに!
(C)2007 Paramount Vantage,
A PARAMOUNT PICTURES company.
All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「NARC/ナーク」「スモーキン・エース/暗殺者がいっぱい」のジョー・カーナハン監督が、コロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルの一生を描く伝記映画「キリング・パブロ(Killing Pablo)」から、エスコバル役に予定されていたハビエル・バルデムが出演しないことが思わぬ形で明らかになった。

米映画情報サイトComing Soon.netによると、ウッディ・アレン監督の新作「ビッキー・クリスティーナ・バルセロナ(Vicky Christina Barcelona)」のプレス取材を受けていたバルデムは、「キリング・パブロ」の話題になると露骨にイヤな顔をして「その噂は間違いだ」と出演を否定したのだという。

バルデムは、昨年10月に米バラエティ誌により、マーク・ボウデンのノンフィクション小説「パブロを殺せ 史上最悪の麻薬王VSコロンビア、アメリカ特殊部隊」を原作とした同作に、麻薬王エスコバルで出演すると伝えられており、対する彼を追う米軍特殊部隊デルタフォース隊長役に「ダークナイト」「ターミネーター4」のクリスチャン・ベールが決まっていた。米映画情報サイトLatino Reviewによると、ベールは先週、同作との出演契約を交わしたという。

カーナハン監督は自身のブログに、コロンビアのロケ地の写真を多数掲載し、今秋撮影開始すると記していることから、バルデムの穴を埋める麻薬王エスコバル役のキャスティングが急務となった。早くもベニチオ・デル・トロ(「トラフィック」「チェ」)やジョルディ・モリャ(「ブロウ」「バッドボーイズ2バッド」)などの名前が挙がっているが、まだ具体的化していない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi