ジョニー・デップ、ギリアム監督版「ドン・キホーテ」に再出演!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月7日 > ジョニー・デップ、ギリアム監督版「ドン・キホーテ」に再出演!?
メニュー

ジョニー・デップ、ギリアム監督版「ドン・キホーテ」に再出演!?

2008年8月7日 12:00

ギリアム監督の 2度目の救世主に?「ロスト・イン・ラ・マンチャ」

ギリアム監督の
2度目の救世主に?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 映画監督テリー・ギリアムが再度ジョニー・デップと組んで、一度は断念したプロジェクト「ドン・キホーテを殺した男(The Man Who Killed Don Quixote)」を復活させたいと、英インディペンデント紙に語った。

ギリアム監督はデップと共に2000年11月にスペイン・マドリードで、セルバンテスの古典小説を下敷きにした物語に「アーサー王」の要素を盛り込んだ同作の製作に入ったが、NATOの軍事訓練による騒音被害や大洪水に見舞われ、おまけにドン・キホーテ役の俳優ジャン・ロシュフォールが腰痛を悪化させ乗馬できなくなるなど災難が重なり、クランクインわずか5日後に製作を断念。その顛末は、ドキュメンタリー映画「ロスト・イン・ラ・マンチャ」(02)に描かれた。デップは、中世へタイムトラベルする現代の商社マンという設定だった。

ギリアム監督は同紙に対し、再始動の可能性は「パイレーツ・オブ・カリビアン」3部作で大スターとなったデップ次第だと語っている。「ジョニーの準備が済めば我々はOK。撮影の日取りを話し合う。基本的に彼のスケジュール次第だが、セットを作る関係上、来年の夏前頃には撮影に入りたい。やるからには、完全に再撮影するつもりだ。中断していた長い年月のおかげで、前よりましな脚本を完成できたよ」

なお、今度のドン・キホーテ役には、コメディ集団「モンティ・パイソン」の同志だったマイケル・ペイリン(「バンデットQ」「未来世紀ブラジル」)に依頼するという。

ギリアム監督の前作は、現在ポストプロダクション中の「The Imaginarium of Doctor Parnassus(パルナッサス博士の想像力、の意)」。今年1月に同作出演中だったヒース・レジャーが急逝して製作中止の危機に陥った時も、代役の1人を買って出たデップのおかげで事なきを得ている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi