桑田真澄「野球に2つとして同じドラマはない」と、「ひゃくはち」を絶賛 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月6日 > 桑田真澄「野球に2つとして同じドラマはない」と、「ひゃくはち」を絶賛
メニュー

桑田真澄「野球に2つとして同じドラマはない」と、「ひゃくはち」を絶賛

2008年8月6日 12:00

“百八人力”の甲子園優勝投手登場!「ひゃくはち」

“百八人力”の甲子園優勝投手登場!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 甲子園常連校の万年補欠球児たちを描いた青春コメディ「ひゃくはち」の完成披露試写会が、8月5日、東京・九段下の九段会館で行われた。野球の試合開始を告げるサイレンが鳴り響くと、選手紹介の場内アナウンスとともに登壇者が次々 に登場するという趣向で、森義隆監督ほか、主演の斎藤嘉樹中村蒼市川由衣ら総勢7人が紹介された。

本作は、甲子園常連校の2人の野球部補欠部員、雅人(斎藤)とノブ(中村)が、高校最後の夏、わずかしかない県予選大会のベンチ入りメンバーを目指してひたむきに練習する姿を描く感動の青春ストーリー。

森監督は「メッセージを込めた作品が、お客さんにどう届くか楽しみ」と告げると、ユニフォーム姿の主役の2人、斎藤と中村は「エースでもヒーローでもないけれど、補欠にも感動的なドラマがある」と口を揃えた。

また、「本当の甲子園出場校の寮に泊まり、本当の野球部みたいだった」(北条隆博)、「長ゼリフに苦労して半ばトラウマになった」(橋本一郎)など共演者からさまざまなコメントが並ぶと、新人新聞記者を演じた市川は、本物の高校野球担当の記者たちから体験談を聞いたり、 カメラマンから写真の撮り方を習って、役に挑んだと明かした。

さらに会場に、PL学園時代に2度甲子園優勝投手となった桑田真澄(元プロ野球投手)が応援に駆けつけ、元高校球児だったという森監督とキャッチボールを披露すると、会場は大歓声に包まれた。桑田の「野球は2つとして同じドラマがない。まるで人生と同じですね」という含蓄あるコメントに、“映画の高校球児たち”は感慨深げな表情を浮かべた。

ひゃくはち」は、8月9日より全国ロードショー。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi