キャメロン・ディアス、16歳東京在住時の痴態を告白!「ベガ恋」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月6日 > キャメロン・ディアス、16歳東京在住時の痴態を告白!「ベガ恋」会見
メニュー

キャメロン・ディアス、16歳東京在住時の痴態を告白!「ベガ恋」会見

2008年8月6日 12:00

東京で泥酔したのは、16歳の時?「ベガスの恋に勝つルール」

東京で泥酔したのは、16歳の時?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キャメロン・ディアスアシュトン・カッチャーが8月5日、東京・日比谷の帝国ホテルで主演作「ベガスの恋に勝つルール」(トム・ボーン監督)の来日記者会見を行った。

本作は、性格も生きざまも正反対なジョイ(キャメロン)とジャック(アシュトン)が憂さ晴らしで訪れたラスベガスで知り合い、酒の勢いで結婚してしまったことから起こる騒動を描くロマンチック・コメディ。劇中の2人のはじけっぷりも見どころで、会見でも映画のままに明るく振舞う2人だったが、キャメロンは勢い余ってテーブルに置かれたグラスの水をこぼしてしまい、着ていたフェンディのドレスが危うく濡れそうになるハプニングも。

映画の内容にちなんで、お酒を飲みすぎて失敗したエピソードを聞かれると、キャメロンはしばらく恥ずかしそうに黙った後、「一度だけあって、人に(その様子を)聞いたんだけど、自分では記憶がないの」と語るのみで、詳細は明かさず。しかし、その経験が「16歳のモデル時代、日本で起きた事件」だと告白した。キャメロンと言えば、モデル時代に2~3カ月ほど東京に暮らしていたのは有名な話。今回で6年連続の来日になるキャメロンだが、思わぬかたちで日本在住時の恥ずかしい(?)記憶を掘り起こしてしまったようだ。

また、最後に互いの良い点を問われると、アシュトンは「平気で汗をかいたり、『今、オナラしたの』って素直に告白したり、自虐的なユーモアがうまいこと。でも、それは彼女が謙虚だからだと思う。そして、相手の良い点を見出し、自信をもたせてくれること」とキャメロンを評し、16歳年上のデミ・ムーアを射止めた“年上キラー”らしく、おちゃらけながらも最後はしっかりと年上のキャメロンをフォロー。キャメロンも「彼はとても心が広くて、一緒にいると穏やかで楽しい時間を過ごせる」と語り、映画同様のコンビの良さをうかがわせていた。

ベガスの恋に勝つルール」は8月16日公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi