ギレルモ・デル・トロ監督がカルトホラー「地下室の魔物」をリメイク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年8月1日 > ギレルモ・デル・トロ監督がカルトホラー「地下室の魔物」をリメイク
メニュー

ギレルモ・デル・トロ監督がカルトホラー「地下室の魔物」をリメイク

2008年8月1日 12:00

[映画.com ニュース] 「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロ監督が、73年のホラー映画「地下室の魔物」のリメイクを手がけることになった。

ジョン・ニューランド監督のオリジナル版「地下室の魔物」は、父親とその恋人と一緒に新居に引っ越した少女(「いちご白書」のキム・ダービー)が、地下室で得体の知れないクリーチャーを発見するという物語で、TV映画として製作されながら、ホラー映画ファンの間ではカルト作品として有名。

デル・トロ監督は「ホビットの冒険」2部作の準備で多忙のため、プロデュースと脚本(「ミミック」のマシュー・ロビンスと共同執筆)のみを担当。監督は、アメコミ作家のトロイ・ニクセイが手がける。

なお、最新作「ヘルボーイ2」を完成させたばかりのデル・トロ監督は、「ホビットの冒険」2部作を終えた後に、「ヘルボーイ3」に取りかかりたいという。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi