鬼才ゴンドリー監督が語る加瀬亮&藤谷文子の魅力。「TOKYO!」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月31日 > 鬼才ゴンドリー監督が語る加瀬亮&藤谷文子の魅力。「TOKYO!」会見
メニュー

鬼才ゴンドリー監督が語る加瀬亮&藤谷文子の魅力。「TOKYO!」会見

2008年7月31日 12:00

2人は公私ともにパートナー「TOKYO!」

2人は公私ともにパートナー
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ミシェル・ゴンドリーレオス・カラックスポン・ジュノという3人の個性派監督が、東京の街を舞台に描くオムニバス映画「TOKYO!」。7月30日、東京・渋谷のフォーラム8にて「TOKYO!/インテリア・デザイン」を担当したミシェル・ゴンドリー監督の記者会見が行われ、ゴンドリー監督と原作・共同脚本を務めたガブリエル・ベルが登壇した。

映画は、映画監督志望のアキラ(加瀬亮)とともに上京したヒロコ(藤谷文子)が、慣れない街で自分の居場所を探して思い悩むうちに、徐々に身体が木製の椅子になるという物語。今回ゴンドリー監督は、加瀬や藤谷らキャストはもちろんスタッフも全て日本人という環境の中で撮影に臨んでいる。

「主演は亮と文子しか考えられなかった」と断言する監督は、「文子に初めて会った時から彼女が主役だと確信したよ。というのも、ガブリエルの原作コミックのモデルになった女性に似てたんだ。その時は文子がアメリカ人とのハーフだということは知らなかったけど、そのお陰でコミュニケーションもスムーズだった。それに、彼女はほかの女優にはないナチュラルな資質を持ち合わせているんだ。亮についても、アキラ役は亮がいいんじゃないかと思った瞬間、ほかの俳優が色あせてしまったんだ」と2人の主演俳優の魅力を語った。

TOKYO!」は8月16日よりロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi