村上春樹の大ベストセラー「ノルウェイの森」が映画化!キャストは誰に? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月31日 > 村上春樹の大ベストセラー「ノルウェイの森」が映画化!キャストは誰に?
メニュー

村上春樹の大ベストセラー「ノルウェイの森」が映画化!キャストは誰に?

2008年7月31日 12:00

前作でのキムタク起用は 本作の布石か?「ノルウェイの森」

前作でのキムタク起用は
本作の布石か?
(C)zoom studio
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1987年に出版されて以来、国内総発行部数870万部、世界36の言語に翻訳されている、作家・村上春樹の大ベストセラー「ノルウェイの森」(講談社刊)がとうとう映画化されることになった。

本作は、37歳になった主人公が、飛行機の中でビートルズの「ノルウェイの森」のオーケストラ版を耳にしたことをきっかけに、18年前に自殺した親友の恋人との思い出を回想する青春小説。村上春樹の名を広く一般に知らしめた大出世作である。

今回の映画化でメガホンを握るのは、カンヌ国際映画祭カメラドール賞を受賞した「青いパパイヤの香り」(92)や「シクロ」(95)などで知られるトラン・アン・ユン監督。ベトナムで生まれ、その後フランスに亡命したトラン監督が、パリで「ノルウェイの森」フランス語版を読み、日本人俳優による映画化を思い立ったという。

「自分にとっても特別な作品であり、映像化は無条件でOKというわけにはいかない。でもトラン監督の作品は好きで、とにかく会ってみようと思った」という村上氏と04年に面会が実現し、丁寧に企画が進められた。

トラン監督は、本作の魅力について「力強く繊細で、激しさと優雅さが混沌としていて、官能的かつ詩情にあふれている。映画化するための幅広い題材を内包しており、映画化したいと直感したことが、原作の素晴らしさと豊かさの正当な評価につながるだろうと信じています」とコメントを寄せている。

08年にフランスで公開される新作スリラー「I Come with Rain」でSMAPの木村拓哉を起用したトラン監督だけに、今後発表される日本人キャストに注目が集まる。映画「ノルウェイの森」は来年2月から撮影開始し、2010年公開の予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi