「嫌われ松子」の中島監督、今度はファンタジー。「パコと魔法の絵本」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月30日 > 「嫌われ松子」の中島監督、今度はファンタジー。「パコと魔法の絵本」
メニュー

「嫌われ松子」の中島監督、今度はファンタジー。「パコと魔法の絵本」

2008年7月30日 12:00

アヤカ・ウィルソンがとにかくカワイイ!「パコと魔法の絵本」

アヤカ・ウィルソンがとにかくカワイイ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「下妻物語」「嫌われ松子の一生」で日本中の映画賞を総なめにした中島哲也監督が映画化した「パコと魔法の絵本」の完成披露記者会見が、7月29日、東京・有楽町の国際フォーラムにて行われた。会見には、主演の役所広司アヤカ・ウィルソン(子役)、妻夫木聡土屋アンナ、中島監督らが出席した。

原作は04年に全国8都市で公演され、伊藤英明長谷川京子のW主演で話題となった舞台「MIDSUMMER CAROL/ガマ王子vsザリガニ魔人」。この作品を、日本の劇場長編映画としては初めて3DのフルCGと実写を合成させ、ワガママ放題生きてきたクソジジイ・大貫(役所)と交通事故の後遺症で一日しか記憶の持たない少女・パコ(ウィルソン)との交流を温かくユーモラスに描く。

主役を演じた役所は、「文句なく面白い映画。メイクや扮装は時間がかかり、朝が早かったです」とコメント。妻夫木は「東宝スタジオの食堂に映画のメイクをしたまま行くと、知り合いに会っても見事に無視されるんです。気付かれないくらい変貌してたんですね(笑)」と、特殊メイクの見事さを語った。また、本作が映画デビューとなる子役のウィルソンは「初めてのことばかりで大変でした。でも、撮影の待ち時間には出演者の皆さんと絵でシリトリをして、とっても楽しかったです」とキュートな笑顔をふりまき、報道陣を魅了していた。

中島監督と言えば、「嫌われ松子の一生」で主演の中谷美紀をしごき抜いたことでも知られる通り、鬼監督としても有名。本作で3本目の中島作品出演となる土屋は、今回の現場での監督について「優しかったですよ。ちょっと口は悪いんだけどね!」と明かした。

会見後は、舞台上に世界最大の飛び出す絵本が登場。劇中に出てくる絵本を模したもので、これまでに製作された世界一大きな絵本ということで、ギネスブックに申請中のようだ。

パコと魔法の絵本」は、9月13日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi