TBSドラマ「ROOKIES」、甲子園目指す高3夏が来春映画に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月28日 > TBSドラマ「ROOKIES」、甲子園目指す高3夏が来春映画に!
メニュー

TBSドラマ「ROOKIES」、甲子園目指す高3夏が来春映画に!

2008年7月28日 12:00

映画版は ニコガク野球部3年目へ「花より男子ファイナル」

映画版は
ニコガク野球部3年目へ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 7月26日に放送終了したTBS系連続ドラマ「ROOKIES(ルーキーズ)」が、「ROOKIES FINAL」(仮題、平川雄一朗監督)として東宝系で来春公開されることになった。また、視聴率が平均14.3%と好調だったことから、スぺシャルドラマが今秋放送されることになった。

連続ドラマは、不良が集まった二子玉川学園高の2年生の夏の大会が終了し、謹慎処分を受けた熱血教師の川藤幸一監督(佐藤隆太)が学校を一旦辞めて、教員採用試験を受け直して3年の春に学校へ戻ってくるところで終わったが、映画版は川藤監督のもと、3年生になった生徒たちが再び夏の甲子園を目指す姿を描く。

主演の佐藤は「ドラマが終わったら、ポカ~ンとしちゃうのかなとも思っていたけど、映画があるということで、自分を保っていられます。夢の続きがあるのは嬉しいですね」と喜びのコメント。生徒・安仁屋恵壹役の市原隼人も、「この作品は僕の故郷で、ありのままでいられる場所。(映画化は)嬉しい。胸がキュンとします」と感激の様子。

映画版には、ニコガク野球部の川藤監督と(阪神タイガースにゆかりがある役名の)10名の部員は引き続き登場するが、新たに“赤星奨志”や“濱中太陽”という1学年下の生徒も加わるという。ドラマ版の企画者である石丸彰彦プロデューサーは、「テーマは『最後の夏、卒業』。高3の春から夏の大会、そして卒業までを描きます。ストーリーは漫画原作の森田まさのりさんとも話し合って、オリジナルにします」と内容を示唆した。

映画「花より男子ファイナル」では「花男」ブームで大成功を収めたTBSが来春、「ルーキーズ」ブームを巻き起こすか、注目される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi