水嶋ヒロが巨大ハルクねぶたに筆入れ!「ハルク」プレミア : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月23日 > 水嶋ヒロが巨大ハルクねぶたに筆入れ!「ハルク」プレミア
メニュー

水嶋ヒロが巨大ハルクねぶたに筆入れ!「ハルク」プレミア

2008年7月23日 12:00

エドワード・ノートンは来ないの?「ハルク」

エドワード・ノートンは来ないの?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米マーベル・コミックの人気作品「ハルク」を、エドワード・ノートン主演で実写映画化した「インクレディブル・ハルク」。7月22日、東京・有楽町の国際フォーラムにて同作のジャパンプレミア試写会が行われ、日本語吹替え版の主人公ブルース・バナーの声優を担当した俳優・水嶋ヒロ(フジテレビ系「絶対彼氏」)が登壇した。

映画は、科学実験中に大量の放射能を浴びたことにより、感情が高ぶると緑色の超人ハルクに変身してしまう主人公の苦悩や葛藤が描かれる。この日のイベントでは4000人の大ホールを埋めつくした観客席から壇上に向けて、映画の大ヒットを祈願してハルクをモチーフにして建造された巨大な“ハルクねぶた”が登場。地元青森から応援に駆けつけたハネトと呼ばれる踊り手たちが舞台を盛り上げた。水嶋はそのねぶたの台に用意された将棋の駒に“ハルク”と筆入れすることになったのだが、かなりイビツな文字になってしまい、本人も苦笑い。それでも「ハルクねぶたにも、たくさん宣伝(に貢献)してもらいたい」としっかり映画をアピールした。

役者の道に入る前からエドワード・ノートンのファンだったという水嶋は、小学校時代はスイスのチューリッヒで過ごした帰国子女。「(スイスでも)アメコミが流行った時期があって、ハルクもすごく人気があった。まさかこういう形で関わることができるとは」と感慨深げに語った。

インクレディブル・ハルク」は8月1日より全国ロードショー。なお、水嶋は、2日朝(10時30分の回)に東京・ 豊洲のユナイテッド・シネマ豊洲で行われる舞台挨拶にも登壇予定。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi