「スター・ウォーズ」新ヒロインは「もののけ姫」がヒント! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月22日 > 「スター・ウォーズ」新ヒロインは「もののけ姫」がヒント!
メニュー

「スター・ウォーズ」新ヒロインは「もののけ姫」がヒント!

2008年7月22日 12:00

あっそーか、アソーカはもののけ姫だった「スター・ウォーズ」

あっそーか、アソーカはもののけ姫だった
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界中で大ヒットを記録した人気SFシリーズ「スター・ウォーズ」の日本公開30周年を記念して、7月19日~21日に千葉・幕張メッセで「スター・ウォーズ・セレブレーション・ジャパン」が開催された。7月19日初日には、ルーカスフィルムのスティーブ・サンスィート、シリーズ最新作のCGアニメ「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」を手がけたデイブ・フィローニ監督らがオープニング・セレモニーに来場。ライトセーバーを使ってテープカットを行い、華々しくイベントの開幕を宣言した。

その後、会場内のメインステージに再度フィローニ監督が登壇し、「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」の特別映像が本邦初公開された。6作あるシリーズのうち、エピソード2と3の間のストーリーである本作は、銀河系全体でクローン戦争が激化する中、ジェダイの騎士アナキン・スカイウォーカーと彼のパダワン(弟子)であるアソーカ・タノが、銀河共和国の未来のために重要な任務に向かうさまが描かれる。

「実写版の世界観を失わずに描くことが一番重要だった」と語るフィローニ監督は、「ビジュアルなどはジョージ(・ルーカス)にいろいろと相談したよ。彼自身もこの作品にかなり関わっているから、僕は3年間ジョージのパダワンとなって一緒に作り上げたんだ」と製作を振り返った。また、今回初登場のヒロイン、アソーカについては、「僕の大好きな『もののけ姫』からヒントを経て作り上げたキャラクター」と宮崎アニメに影響を受けていたことを明かした。

会場ではこのほかにも、エピソード4~6で主人公ルーク・スカイウォーカーを演じたマーク・ハミル、C-3POに扮したアンソニー・ダニエルズ、ダース・モールを怪演したレイ・パークら新旧の主要キャストが登壇するなど、30周年を祝うに相応しい豪華なイベントとなった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi