蒼井優がまさかの“出家”宣言?「百万円と苦虫女」初日挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月22日 > 蒼井優がまさかの“出家”宣言?「百万円と苦虫女」初日挨拶
メニュー

蒼井優がまさかの“出家”宣言?「百万円と苦虫女」初日挨拶

2008年7月22日 12:00

海女さん姿の蒼井も見たい「百万円と苦虫女」

海女さん姿の蒼井も見たい
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 一昨年、「フラガール」で映画賞を総ナメにした人気女優・蒼井優が3年ぶりに主演を務めた「百万円と苦虫女」の初日舞台挨拶が、7月19日、東京・池袋のシネリーブル池袋にて行われ、主演の蒼井、ピエール瀧(電気グルーヴ)、竹財輝之助、タナダユキ監督が出席した。

本作品は、「かもめ食堂」の荻上直子、「ゆれる」の西川美和らに続く新鋭女性監督として注目を集める、「タカダワタル的」「月とチェリー」「赤い文化住宅の初子」のタナダ監督が、オリジナル脚本も手がけた最新作。ある事件をきっかけに家を飛び出し、アルバイトで百万円を貯めては知らない土地へと移動する鈴子(蒼井)が主人公だ。

久しぶりの単独主演となった蒼井だが「台本が背中をそっと押してくれたので、いつもは逃げがちな“主演”に挑戦できた」と謙虚なコメント。「役作りはせず、台本に忠実に演じることでいろいろな発見があった」と、台本の良さを強調した。

一方、鈴子に淡い想いを寄せる農家の息子を演じたピエールは「(蒼井が)農家の(農作業服姿の)格好してると、萌え~って感じだよね」とオジサン的発言。タナダも「女性監督ならでは……とよく言われるが、最近は顕著にオッサン化してるので(笑)」と語り、会場を和ませた。

また、司会者からの「再び鈴子を演じるとしたら、次はどこへ行きたいですか?」という質問に「鈴子のアマさん姿が見たい」と答えた蒼井。「(尼さんではなく)潜る方の海女さんです」(蒼井)、「出家するのかと思った」(ピエール)というコミカルなやりとりに、大きな笑いが起こった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi