ギネス挑戦の「ポケモン」、世界のナベアツがピカチュウっぽくなる : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月22日 > ギネス挑戦の「ポケモン」、世界のナベアツがピカチュウっぽくなる
メニュー

ギネス挑戦の「ポケモン」、世界のナベアツがピカチュウっぽくなる

2008年7月22日 12:00

ポケモンは世界一オモロー!「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ」

ポケモンは世界一オモロー!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アニメ「ポケットモンスター」の劇場版第11作目「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール/ギラティナと氷空(そら)の花束シェイミ」の初日舞台挨拶が7月19日、東京・有楽町の日劇2で舞台挨拶が行われ、声優を務めた松本梨香山寺宏一中川翔子中村獅童南明奈、お笑いコンビTIMのゴルゴ松本、レッド吉田、監督の湯山邦彦の総勢8名が登壇。ゲスト声優として2度目のシリーズ出演のショコタン(中川)は、「またお呼びいただいてビッグバン嬉しかった」とショコタン語を交えて挨拶。金髪に染めたソフトモヒカンで登場した獅童は、「子供たちがビクビクしてるけど、大丈夫かな? 怖くないですよ」と自らフォローしていた。

本作は、前売り券の売上枚数が昨年に続き2年連続で200万枚を突破(「花より男子ファイナル」は24万枚)。100万枚突破は6作連続となり、「世界一前売り券が売れた映画」としてギネスブックに登録申請中。さらに11作連続で異なる役柄で出演している声優界の第一人者・山寺を、「同一シリーズに最も多く違う役で出演した声優」としてこちらもギネスに申請する旨が発表された。

そんな“世界のポケモン”を祝し、“世界”つながりで世界のナベアツが登場。「3の倍数と3のつく数字のときだけアホになり、さらに8の倍数のときにピカチュウっぽくなる」という特別バージョンのネタをステージ上で披露すると、登壇者全員も“生ナベアツの芸”に大興奮。会場からも爆笑を誘うなど、映画に出演していないにも関わらず一番目立っていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi