「ホテル・ルワンダ」のジョージ監督、新作「帰らない日々」で命の重さを語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月18日 > 「ホテル・ルワンダ」のジョージ監督、新作「帰らない日々」で命の重さを語る
メニュー

「ホテル・ルワンダ」のジョージ監督、新作「帰らない日々」で命の重さを語る

2008年7月18日 12:00

悲しみを乗り越える秘訣はとことん悲しむこと「帰らない日々」

悲しみを乗り越える秘訣はとことん悲しむこと
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ルワンダ大虐殺を描いた「ホテル・ルワンダ」のテリー・ジョージ監督が、再び命の重さをテーマに描くヒューマンドラマ「帰らない日々」が7月26日に公開される。公開に合わせ、精神科医の香山リカと女性ファッション誌マリ・クレール編集長の生駒芳子が、7月17日、東京・汐留のスペースFS汐留にて対談トークショーを行った。

大学教授のイーサンは突然のひき逃げ事故で息子を失くし、その悲しみと罪悪感から家族はバラバラになっていく。イーサンは犯人を突き止めるため弁護士に調査を依頼するが、実はその弁護士がひき逃げ犯だったという、被害者と加害者の苦悩を描いたシリアスドラマ。息子を失くした夫婦に「グラディエーター」のホアキン・フェニックスと「ビューティフル・マインド」のジェニファー・コネリー、ひき逃げ犯の弁護士に「ゾディアック」のマーク・ラファロと、アカデミースターが迫真の演技を見せている。

精神科医としてさまざまなメディアで活躍する香山は、「どんな幸せな家族にも戸棚にミイラが隠れている」という言葉を引用し、問題がない家族など存在しないことを強調した。離婚歴のある生駒は“悲しみを乗り越える方法”を聞かれると、「とことん悲しんだ方がいい。その後は浮かび上がってくる自分を励ますこと。離婚してから離婚に対する価値観が変わった」としみじみと自身の過去を語った。「悲しみを受け入れることで人生に深みが増す」と、2人とも悲しみの中に再生を見出す本作に深く共感したようだ。

家族をめぐる犯罪が多い昨今、「帰らない日々」は決して他人事ですますことができない作品だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi