「ジャージの二人」の堺雅人、ジャージが似合っていてショック? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月18日 > 「ジャージの二人」の堺雅人、ジャージが似合っていてショック?
メニュー

「ジャージの二人」の堺雅人、ジャージが似合っていてショック?

2008年7月18日 12:00

将軍からジャージ姿まで演技の幅広く「ジャージの二人」

将軍からジャージ姿まで演技の幅広く
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アフタースクール」「クライマーズ・ハイ」と出演作が立て続けに公開され、放送中のNHK大河ドラマ「篤姫」では、第13代将軍・徳川家定(7月13日放送で薨去)を演じて独特の存在感を示している堺雅人。そんな堺の最新主演映画「ジャージの二人」(7月19日公開)は、芥川賞作家・長嶋有の同名小説を「アヒルと鴨のコインロッカー」「チーム・バチスタの栄光」の中村義洋監督が映画化した作品だ。

失業中で妻ともうまくいっていない32歳の“ボク”(堺)と、3度目の結婚が暗礁に乗り上げている54歳のグラビアカメラマンの“父”(シーナ&ロケッツの鮎川誠)が、軽井沢の山荘で過ごすひと夏。映画は、これといった事件も起こらず、古めかしいジャージを着た父子と山荘を訪れてくる人々との交流を、ゆったりと流れる時間の中で描いていく。

しかし、堺は「単にゆるいだけの映画ってわけじゃないんですよね」と語る。「事件らしい事件は起きないけど、裏にはちゃんと(人物の)葛藤や内面が描かれていたりする。表立ってはいないけど、適度にほのめかされてる。だから、実はすごく真っ当な人間ドラマだと思うんですよ。でも、“風変わりな作品だね”って言われたら、そうかもしれないなとも思う」

父子の関係にしても、ボクと妻の関係にしても、お互いが思っていることをことさら言葉に出さない。それでも、なんとなくその関係性が分かってくるのが、この映画の不思議なところ。「“何もしない”というのと“何もない”というのは違います。そこには何もないわけじゃないんです。“何もしないという選択をした”ということなんです。ちょっと禅問答めいてますけど、“言わないということを選んだ”ということが、この映画にはちゃんと描かれているんです」

ところで、やっぱり気になるのが劇中でずっと着ているジャージ。着心地のほどは? 「良すぎて困るくらい。しかも、案外似合っていてショックでした(笑)」

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi