押井守監督が日本のアニメの未来を見据えた「攻殻機動隊2.0」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月14日 > 押井守監督が日本のアニメの未来を見据えた「攻殻機動隊2.0」初日
メニュー

押井守監督が日本のアニメの未来を見据えた「攻殻機動隊2.0」初日

2008年7月14日 12:00

「スカイ・クロラ」初日を控えて少しナーバス「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」

「スカイ・クロラ」初日を控えて少しナーバス
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟らに影響を与え、押井守の名を世界に知らしめた95年公開作「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」に最新デジタルエフェクトを導入、押井監督自らが映像とサウンドを完全リニューアルした「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」が、7月12日に初日を迎えた。東京・新宿ミラノ3では、押井守監督、田中敦子大塚明夫榊原良子が登壇。気温35度を超える猛暑日にも関わらず客席にあふれかえった熱心なファン(遠くは鳥取県から!)を前に、トークショーを繰り広げた。

「公開当時に、あまりスクリーンで見てもらえていない作品だと思い出した」ことが、「攻殻機動隊2.0」を手がけるきっかけになったという押井監督。「この作品には、今後に繋がる数々の試みが入っている。これから自分がどんな映画を作っていくか、日本のアニメーションがどう変わっていくか。未来を見据えた上での仕事です」と、リニューアルに込めた想いを語った。

声優陣は、新録音となったアフレコのエピソードを披露。中でも、オリジナル版の家弓家正に代わって“人形使い”を演じた榊原良子のプレッシャーは相当だったようで、押井作品に欠かせない大ベテランにも関わらず、「テストの際にはヒザが震えていました(笑)」と明かした。

「新作(『スカイ・クロラ』)の直前に、別の作品の初日があるのはすごく不思議。『スカイ・クロラ』に関してはいまは淡々とした心境。もう少し経つと焦りが出てくるかもしれませんが(笑)」と、少しナーバスな様子を見せた監督に、大塚が「観客の皆さん! 監督が不安にならないように(観客動員の)ご協力をお願いします!」とフォロー。会場の大きな拍手とともに、トークショーは幕を閉じた。「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi