篠田正浩監督&岩下志麻夫妻が「安曇野にふさわしい理想の夫婦」に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月9日 > 篠田正浩監督&岩下志麻夫妻が「安曇野にふさわしい理想の夫婦」に
メニュー

篠田正浩監督&岩下志麻夫妻が「安曇野にふさわしい理想の夫婦」に

2008年7月9日 12:00

長野出身というわけではないですが…「異聞猿飛佐助」

長野出身というわけではないですが…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 長野県安曇野市が「安曇野ブランド推進事業」の一環として、当地のシンボルである双体道祖神(男女2人組の道祖神)をモチーフに「安曇野にふさわしい理想の夫婦」のアンケートを首都圏1万5000人に実施し、映画監督の篠田正浩、女優の岩下志麻が多数の支持で選出された。夫妻は安曇野ブランドエグゼクティブアドバイザーも兼任することとなり、7月8日、東京・千代田区の九段会館にて就任式が行われ、安曇野市長の平林伊三郎、篠田監督、岩下が登壇した。

北アルプス連邦の麓に位置する安曇野市は、平成17年10月に新設合併により誕生した人口10万人の都市。四季折々の美しい景色と清涼な湧き水が有名で年間の観光客は約300万人にも上る。地方自治体の自主性を強調するため、これから「安曇野ブランド」を篠田・岩下夫婦に大いに宣伝してもらうようだ。

岩下は、「とても光栄に思っています。(安曇野は)雄大な北アルプスがあり、水も空気もおいしくて心が安らぐ所。銀座生まれの自分にとって安曇野は第2の故郷です」と早速PR。夫の篠田監督も、「映画のロケ地として何度も訪れている。『異聞猿飛佐助』という忍者の映画も安曇野で撮った。安曇野は自然的にも文化的にも尊敬すべき故郷。(私は)アドバイザーというよりアドバイスされる方です」とコメントした。ちなみに、平林市長は篠田の大学(早稲田大学)の後輩にあたり、「篠田監督の作品で一番印象に残っているのは『心中天網島』(岩下志麻主演)」とのこと。

おしどり夫婦として有名な2人に、「夫婦は長く一緒にいると似てくると言うが?」との質問が及ぶと、「私はドがつくほどのんびり、篠田はドがつくほどせっかち。そのドが取れるくらいには距離が近づいてきたと思います」と岩下が笑顔で答えた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi