松坂慶子は怖い人?名作の初の実写映画化「火垂るの墓」公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月7日 > 松坂慶子は怖い人?名作の初の実写映画化「火垂るの墓」公開
メニュー

松坂慶子は怖い人?名作の初の実写映画化「火垂るの墓」公開

2008年7月7日 12:00

松坂慶子“おばちゃん”が怖かった!?「火垂るの墓」

松坂慶子“おばちゃん”が怖かった!?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スタジオジブリ製作のアニメでも知られる、野坂昭如の直木賞受賞作を初めて実写映画化した「火垂るの墓」(公開中)が7月5日、公開初日を迎え、東京・神保町の岩波ホールにて、日向寺太郎監督、出演者の吉武怜朗畠山彩奈高橋克明谷内里早らによる舞台挨拶が行われた。

映画は、太平洋戦争下の神戸を舞台に、空襲で母親を亡くした14歳の清太(吉武)と4歳の節子(畠山)という幼い兄妹の姿を描く。当初は「TOMORROW 明日」「美しい夏キリシマ」「父と暮らせば」の“戦争レイクイエム3部作”で知られる名匠・黒木和雄監督の新作として企画が進められていたが、黒木監督が06年4月に急逝したため、愛弟子である日向寺監督がメガホンを受け継いだ。日向寺監督は、黒木監督作品を長年上映してきた岩波ホールで初日を迎えられたことに、「黒木師匠に縁の深いこの場所に立つことが出来て嬉しい」と感慨深い様子で挨拶した。

一方、幼い妹・節子を演じた畠山はまだ5歳で、「リヤカーに乗れて楽しかった。(母親役の松田聖子と)折り紙で鶴やラッコを作って遊んだ」と無邪気に話すなど、その愛らしい振る舞いで観客を魅了。さらに、松坂慶子演じる親戚のおばさんから怒られるシーンでは本当に泣いてしまったそうで、司会者から「松坂さん、怖かった?」と聞かれると、黙ってコクリとうなずいて場内の笑いを誘った。

また、兄・清太役の吉武は「僕は今、高校生ですが、同年代の人たちに見てもらい、戦争について考えてほしい」と語り、国広富之の実娘で本作でデビューした谷内は「初めてのカメラの前の演技で無我夢中でした」と振り返った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi