堤真一 “号外ケーキ”で誕生日を祝福!「クライマーズ・ハイ」初日 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月7日 > 堤真一 “号外ケーキ”で誕生日を祝福!「クライマーズ・ハイ」初日
メニュー

堤真一 “号外ケーキ”で誕生日を祝福!「クライマーズ・ハイ」初日

2008年7月7日 12:00

ケーキで祝福される堤と原田監督「クライマーズ・ハイ」

ケーキで祝福される堤と原田監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 横山秀夫(「半落ち」)の同名ベストセラー小説を映画化した「クライマーズ・ハイ」が7月5日に公開初日を迎え、東京・丸の内のTOEI1にて、主演の堤真一、共演の堺雅人高嶋政宏尾野真千子、でんでん、マギー、原田眞人監督による舞台挨拶が行われた。

映画は、1985年8月、群馬・御巣鷹山の尾根で520名の乗員・乗客が犠牲になったジャンボ機墜落事故を取材する地方紙新聞記者の悠木和雅の奮闘を描く社会派ドラマ。

「1年前の7月5日にクランクインし、今日が初日ということに因縁を感じる。この仲間と映画を撮ることが出来て感激している」と原田監督が挨拶。紙面作りの全権デスクの悠木記者を演じた、主演の堤は「現場もドキュメンタリーのような雰囲気。ワンシーンワンカットで、台詞や段取りが狂おうがカメラが止まらないのが原田組」と緊迫した撮影現場の状況を振り返った。共演陣も「この映画に関われて幸せ」と口を揃え、映画の出来に大満足の様子。

また、7日に堤が44歳の誕生日を、3日に原田監督が59歳の誕生日を迎えるとあって、初日祝いを兼ねて、新聞の実物サイズの「号外ケーキ」が用意された。整理部記者を演じたマギーが「クライマーズ・ハイ 大ヒットスタート!!」というチョコレート製の見出しを持ってくる演出ののち、監督と堤が見出しをはめ、「号外ケーキ」を完成させると、会場から大きな拍手が巻き起こった。堤は「去年は(クランクインのため)浮かれることが出来なかったので、今年は羽目を外せそうです」と笑った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi