英カルトTVシリーズの金字塔「プリズナーNo.6」がリメイク : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年7月2日 > 英カルトTVシリーズの金字塔「プリズナーNo.6」がリメイク
メニュー

英カルトTVシリーズの金字塔「プリズナーNo.6」がリメイク

2008年7月2日 12:00

不条理ドラマの先駆け「バットマン ビギンズ」

不条理ドラマの先駆け
(C)1967 Carlton International
Media Ltd.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 60年代の英国カルトTVシリーズの金字塔として知られる「プリズナーNo.6」が、再度TVドラマ化されることが明らかになった。

本作は、元イギリス諜報部員が突然、互いを番号で呼び合う謎の村に拉致されるという不条理劇で、SFやスパイ、サスペンスの要素が入り交じった、「LOST」「エヴァンゲリオン」を彷彿とさせる作品だ。67年9月から翌68年2月まで英ITV局で放送され、日本では69年3月~6月までNHKで放映された。

今回、米ケーブルチャンネルのAMCは、本作を全6話のミニシリーズとしてリメイクすると発表。オリジナル版でパトリック・マッグーハンが演じた主人公のNo.6をジム・カビーゼルが、監視役のNo.2をイアン・マッケランが演じる。全米放送は来年の予定。

なお、「プリズナーNo.6」は、「バットマン・ビギンズ」のクリストファー・ノーラン監督が映画化の準備を進めていることでも知られている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi