マーク・ウォールバーグ、「ディパーテッド」続編の存在を明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月30日 > マーク・ウォールバーグ、「ディパーテッド」続編の存在を明かす
メニュー

マーク・ウォールバーグ、「ディパーテッド」続編の存在を明かす

2008年6月30日 12:00

「ハプニング」低調で、 起死回生の一発がほしいの?「ディパーテッド」

「ハプニング」低調で、
起死回生の一発がほしいの?
(C)2008 TWENTIETH CENTURY FOX
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 新作「ハプニング」の日本公開を7月26日に控えている俳優マーク・ウォールバーグが、アカデミー賞4部門を受賞し、自身も助演男優賞で初のオスカーノミネートを果たした「ディパーテッド」(06)の続編企画が進行中であることをMTV Movies Blogに認めた。

ディパーテッド」は、マーティン・スコセッシ監督がアンドリュー・ラウアラン・マック監督コンビによる香港ノワール「インファナル・アフェア」(02)をハリウッド・リメイクしたもので、オリジナルの「インファナル・アフェア」がトリロジー(3部作)になっていることから、「ディパーテッド」も続編が作られるのか、注目されてきた。

ウォールバーグは同サイトによるインタビューで、「オリジナルがトリロジー構成だから、やるかもしれないね。全く新しいキャストを集めて“続編”を作るのか、前回のキャストが再結集して“プリクエル(前章)”を作るのかは分からないけどね」と語っている。さらに、スコセッシ監督は、お気に入りの俳優であるロバート・デ・ニーロのための役も用意しているのだという。ちなみに、「ディパーテッド」でアカデミー脚色賞を受賞した脚本家ウィリアム・モナハンは続編製作に意欲満々だと伝えられている。

もっとも、ウォールバーグは続編企画に大賛成というわけではなさそうだ。「1作目よりも素晴らしい作品になればいいんだけど。僕にとって、お金は問題じゃない。『ゴッドファーザーPARTII』は大好きだけど、『PARTIII』は好きじゃない。それと一緒で、失敗作になってしまうことが怖いんだ」と心配そうに語るウォールバーグからは、1作目への愛着が窺える。

なお、マーティン・スコセッシ監督は、現在レオナルド・ディカプリオとの4度目のタッグとなるデニス・ルヘイン原作のスリラー「シャッター・アイランド(Shutter Island)」を撮影中で、その後も元ビートルズのメンバー、ジョージ・ハリスンに焦点を当てたドキュメンタリーや、第26代米大統領セオドア・ルーズベルトの伝記映画「The Rise of Theodore Roosevelt」、さらには日本の江戸幕府のキリシタン弾圧の中でポルトガル人修道士の信仰心の葛藤を描いた遠藤周作原作のドラマ「沈黙(Silence)」など、さまざまなプロジェクトが控えており、「ディパーテッド」続編製作は難しい状況ではある。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi