今年のベネチア国際映画祭審査委員長はビム・ベンダース監督に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月30日 > 今年のベネチア国際映画祭審査委員長はビム・ベンダース監督に
メニュー

今年のベネチア国際映画祭審査委員長はビム・ベンダース監督に

2008年6月30日 12:00

9月6日、彼の手から 金獅子賞が手渡される「ことの次第」

9月6日、彼の手から
金獅子賞が手渡される
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 世界3大映画祭の一つであり、“金のライオン”をシンボルとする第65回ベネチア国際映画祭が、今年も8月27日から9月6日にかけて開催されるが、その審査委員長をドイツの巨匠、ビム・ベンダース監督(62)が務めることになった。6月27日に、ベネチア映画祭を主催するベネチア・ビエンナーレ・チェアマンのパオロ・バレッタと、同映画祭ディレクター、マルコ・ミューラーから正式な発表があった。

同映画祭の正式声明として、「ベンダース監督は現代において最も革新的な映画作家の一人であり、40年の年月にわたって数々の影響力のある作品をプロデュースしてきた」と、ベンダース監督の功績を讃えている。

ベンダース監督は、「ことの次第」(82)でベネチア国際映画祭金獅子賞、「愛のめぐりあい」(95)で同映画祭国際評論家賞を受けており、また「パリ、テキサス」(84)でカンヌ国際映画祭パルムドール、「ベルリン・天使の詩」(87)で同映画祭監督賞を受賞しているほか、「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」(99)で米アカデミー長編ドキュメンタリー賞にノミネートされるなど国際的評価が高い。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi