第2の「ハリポタ」なるか?スピルバーグが児童小説の映画化に着手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月27日 > 第2の「ハリポタ」なるか?スピルバーグが児童小説の映画化に着手
メニュー

第2の「ハリポタ」なるか?スピルバーグが児童小説の映画化に着手

2008年6月27日 12:00

「ハリポタ」級の金脈?「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」

「ハリポタ」級の金脈?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スティーブン・スピルバーグ監督率いるドリームワークスが、アメリカの出版社スコラティックが今年9月に刊行する児童小説シリーズ「The 39 Clues」の映画化権を獲得した。

同作は、「ハリー・ポッター」シリーズの米国販売を手がけたスコラティック社が次の「ハリポタ」として力を入れている新シリーズで、全10巻が今後2年の間に刊行される予定。世界史に強い影響を及ぼしてきた富豪一族の権力の謎を追うミステリーで、秋に刊行予定の第1弾「The Maze of Bones」の著者は、「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」シリーズのリック・リオーダン

「The 39 Clues」の公式サイトでは、ケヒル一族の女家長グレースの死を伝えるニュース番組風の映像がアップされており、書籍だけでなく、トレーディングカードやインターネットなども絡めたメディアミックスによる展開が注目を集めている。

なお、映画化について、スピルバーグ監督は自らメガホンを握ることも検討しているようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi