サム・ライミ監督が、デニス・ルヘイン最新刊を映画化! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月19日 > サム・ライミ監督が、デニス・ルヘイン最新刊を映画化!
メニュー

サム・ライミ監督が、デニス・ルヘイン最新刊を映画化!

2008年6月19日 12:00

これでオスカーレースにも 名乗り?「スパイダーマン」

これでオスカーレースにも
名乗り?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スパイダーマン4」の監督に出馬宣言をしたばかりのサム・ライミ監督が、ソニー傘下コロンビア・ピクチャーズのもとで、今秋刊行されるデニス・ルヘインの新刊スリラー「ザ・ギブン・デイ(The Given Day)」を映画化することに決まった。

ボストンを拠点にした作家ルヘインの映画化作品と言えば、クリント・イーストウッド監督の「ミスティック・リバー」(03)、ベン・アフレックの監督デビュー作「ゴーン・ベイビー・ゴーン」(07)があり、どちらも名作との呼び声が高い。現在、マーティン・スコセッシ監督がレオナルド・ディカプリオ主演で「シャッター・アイランド」(08)を撮影中。

「サ・ギブン・デイ」は、9月23日に全米の書店に並ぶルヘインの最新刊。舞台は1919年のボストンで、第1次大戦のヨーロッパ戦線から帰還した引き揚げ兵が持ち帰ったスペイン風邪が蔓延する混乱の中起こった警察のストライキという歴史的大事件を背景に、警官とその家族を描くドラマだ。

ライミ監督は「スパイダーマン」3部作やホラー映画の演出に定評があるが、「シンプル・プラン」や「ギフト」といったスリラー映画では必ずしも成功したとは言えない結果に終わっただけに、ハズレがない作家ルヘインの原作をどう料理するか、注目される。完成は2010年の予定。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi