撮影中はずっと“クライマーズ・ハイ”、堤真一が撮影を振り返る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月18日 > 撮影中はずっと“クライマーズ・ハイ”、堤真一が撮影を振り返る
メニュー

撮影中はずっと“クライマーズ・ハイ”、堤真一が撮影を振り返る

2008年6月18日 12:00

NHK制作のドラマを超えられるか?「クライマーズ・ハイ」

NHK制作のドラマを超えられるか?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 作家・横山秀夫(「半落ち」)の同名ベストセラー小説を映画化した「クライマーズ・ハイ」(7月5日公開)の記者会見が、6月17日、東京・日比谷のザ・ペニンシュラ東京で行われ、主演の堤真一、共演の堺雅人尾野真千子、監督の原田眞人が登壇した。

本作は、地方紙記者だった横山が自らの壮絶な実体験を元に書き上げた社会派小説を、「突入せよ!『あさま山荘』事件」の原田眞人監督が映画化したもの。1985年、群馬・御巣鷹山で起こったジャンボ機墜落事故を取材する新聞記者の悠木(堤)が、登山時に起きる極限の精神状態“クライマーズ・ハイ”に陥る中、同僚記者の佐山(堺)や玉置(尾野)と共に、報道を通してモラルや真実とは何かを模索する様子が描かれる。

会見で堤は「撮影中は(自身も)ずっとクライマーズ・ハイで、終わった後に体がどっと疲れた」と過酷な撮影を振り返った。また、「三谷幸喜監督(「ザ・マジックアワー」)のようにたくさんバラエティ番組に出られればよいのですが、バラエティは苦手なので……」と発言し、会場の笑いを誘っていた。

会見の最後に、この事故で息子を亡くした「8・12連絡会 日航ジャンボ機御巣鷹山墜落事故被災者家族の会」事務局長の美谷島邦子さんからの「23年間、この事故が『忘れてはならないもの』として、1人でも多くの人々の心に書きとめられていくことが願いでした」というコメントを司会者が代読すると、原田監督は「被災者家族の方々の気持ちに突き動かされてこの映画を撮った」と、本作に込めた真摯な想いを語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi