宗教論争再燃!「ダ・ヴィンチ・コード2」がローマの教会から撮影不許可に! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月18日 > 宗教論争再燃!「ダ・ヴィンチ・コード2」がローマの教会から撮影不許可に!
メニュー

宗教論争再燃!「ダ・ヴィンチ・コード2」がローマの教会から撮影不許可に!

2008年6月18日 12:00

ラングドン、大ピンチ!「ダ・ヴィンチ・コード」

ラングドン、大ピンチ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ダン・ブラウンのスリラー小説の映画化作品となる「ダ・ヴィンチ・コード2/天使と悪魔」(ロン・ハワード監督)が、伊カトリック教会からローマの教会での撮影を拒絶された。

ダ・ヴィンチ・コード」の前日談(プリクエル)となる「天使と悪魔」は、トム・ハンクスがロバート・ラングドン教授を演じるクライムスリラー。 6月初頭よりローマのポポロ広場やパンテオンといった観光名所でロケ撮影されてきたが、6月16日、ローマ中心部にあるサンタ・マリア・デル・ポポロ教会とサンタ・マリア・デッラ・ビットリア教会での撮影許可申請が却下された。それぞれの教会には、原作の中でハンクス演じるロバート・ラングドン教授が関わりを持つ、「ハバククと天使」「聖テレサの法悦」というベルニーニの彫刻がある。

その理由について、ローマ教区のマルコ・フィッビ司教は伊TV誌(TVソリッシ・エ・カンツォーニ)に、「映画は、我々の考えと全く相容れない宗教的問題を扱っている。彼らの仕事を助けてやりたいのはヤマヤマだが、我々の見解と一致しないのだから致し方ない。これは『ダ・ヴィンチ・コード』のプリクエルだが、テーマが似ているのは明白なんだ」と、ブラウンの原作に原因があることを示唆した。イエス・キリストがマグダラのマリアと結婚し、子孫を残したとするブラウン原作の前作は、数々の宗教論争を生んで、裁判沙汰にもなった。

今回の決定で、同作は2つの教会の外観のみの撮影を余儀なくされる。ブライアン・グレイザーら製作陣はまたもや宗教問題を抱えることになった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi