U2が、ジャン=ミシェル・バスキアの絵をオークションに出品 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月17日 > U2が、ジャン=ミシェル・バスキアの絵をオークションに出品
メニュー

U2が、ジャン=ミシェル・バスキアの絵をオークションに出品

2008年6月17日 12:00

[eiga.com 音楽ニュース] U2がアメリカ現代アートのスター、ジャン=ミシェル・バスキアの絵を、7月1日にロンドン「サザビーズ」のオークションに出品することが分かった。

ニューヨークのストリート・アーティストだったバスキアは、アンディ・ウォーホルに認められ、ポップアート界のスターダムに一躍上りつめたが、88年に薬物依存により27歳の若さでこの世を去った。彼の友人だったジュリアン・シュナーベル監督は、96年に伝記映画「バスキア」を製作している。

今回、オークションに出品されるタイトル不明のそのペインティングは、バスキアが83年に描いたもので、亡くなった1年後の89年に、U2のベーシストのアダム・クレイトンがニューヨークのギャラリーで購入した。以来、アイルランド・ダブリンにあるU2のスタジオに長年飾られてきたそうだ。

オークション出品の理由は明らかにされていないが、落札価格は(日本円で)8~12億円くらいになりそうだと言われている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi