「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」グランプリ発表! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月16日 > 「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」グランプリ発表!
メニュー

「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」グランプリ発表!

2008年6月16日 12:00

大盛況だった「ショートショート フィルムフェスティバル」閉幕「JUNO ジュノ」

大盛況だった「ショートショート フィルムフェスティバル」閉幕
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 6月15日、「ショートショート フィルムフェスティバル」及び「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」の授賞式が都内で開催され、グランプリと各優秀賞が発表された。

グランプリには、フェスティバル史上初の日本作品「胡同(フートン)の一日」(鈴木勉監督)が選ばれた。同作は、北京オリンピック開催を控え、取り壊されていく歴史的な町並み“胡同”を舞台に、そこで暮らす人々のたくましさを描くもの。鈴木監督は「本当に素晴らしい作品がたくさんあった。全ての監督を代表して賞をもらったと思う」と受賞の喜びを語った。

また、今年から新設されたオンライン部門「MSNビデオアワード」には、コミカルなCGアニメーション「HiBi-Chan(ヒビチャン)」(HiBi-PaPa監督)が選出された。また、全米で大ヒットを記録した「JUNO/ジュノ」のジェイソン・ライトマン監督とプロデューサーのダン・ダビッキが本年度の特別賞を受賞。ライトマン監督は、01年に短編「In God We Trust」で本フェスティバルに参加し、見事入賞を果たしている。この他、各部門の受賞作品が発表され、会場を沸かせた。

審査員を務めた堀北真希は、「普段は評価を受ける立場なので、審査をする側は緊張しましたが、1人の観客としていい時間を過ごせたかを大切に審査しました。ショートフィルムは短い分、作り手のこだわりが凝縮されていますね」とコメント。将来は自分も短編を作ってみたいと抱負を語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi