「007/慰めの報酬」にまた災難!主演ダニエル・クレイグが怪我 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月13日 > 「007/慰めの報酬」にまた災難!主演ダニエル・クレイグが怪我
メニュー

「007/慰めの報酬」にまた災難!主演ダニエル・クレイグが怪我

2008年6月13日 12:00

厄除けのお祓いでもする?「007 慰めの報酬」

厄除けのお祓いでもする?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今年4月にアルファロメオを運転していたスタントマンが重傷を負うなど、製作中の事故が相次いでいるシリーズ第22作「007/慰めの報酬」の撮影現場で、今度は主役ジェームズ・ボンドを演じるダニエル・クレイグが手を負傷したようだ。

英テレグラフ紙の報道によると、クレイグは英パインウッド・スタジオでアクションシーンの撮影中に、指を切ったという。すぐに病院に運ばれたが、大事には至らなかったようで、数時間以内にセットに戻り撮影は続行された。クレイグは、1週間前に顔を8針縫う怪我を負っている。

マーク・フォースター監督が手がけるシリーズ最新作「007/慰めの報酬」は、ボンドガールにウクライナ出身のオルガ・キュリレンコ(「ヒットマン」)とイギリス出身の新人ジェマ・アータートンが抜擢され、「潜水服は蝶の夢を見る」のマチュー・アマルリックが悪役に扮する。全英、全米で今秋公開、日本公開は09年正月第2弾。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi