広末涼子、離婚ネタでからかわれて苦笑い。「おくりびと」会見 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月12日 > 広末涼子、離婚ネタでからかわれて苦笑い。「おくりびと」会見
メニュー

広末涼子、離婚ネタでからかわれて苦笑い。「おくりびと」会見

2008年6月12日 12:00

離婚を乗り越え、美しさに磨きが「おくりびと」

離婚を乗り越え、美しさに磨きが
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「壬生義士伝」「バッテリー」の滝田洋二郎監督が、遺体を棺に納める“納棺師”という職業をテーマに描く最新作「おくりびと」。6月11日、東京・有楽町の国際フォーラムにて、本作の主人公を演じた本木雅弘広末涼子山崎努、脚本の小山薫堂(こやまくんどう)、滝田監督が完成記者会見に臨んだ。

所属していたオーケストラの解散により、チェロ奏者の道を諦めた大悟(本木)は、妻の美香(広末)とともに東京から故郷の山形に戻ってきた。間もなく仕事を探し始めた大悟は、求人広告欄に“旅のお手伝い”と書かれた好条件の仕事を見つけ、早速面接に向かう。しかしそこは、“安らかな旅立ちのお手伝い”――遺体を棺に納める“納棺”を請け負う事務所だった。

撮影中のエピソードを聞かれた本木が、隣に座る広末の方をチラッと見やり「映画の中では、私たち夫婦は危機を乗り越えましたけどね(笑)」と先日離婚を発表した広末をからかうようなコメントを発すると、当の広末は「なんでそんな意地悪を言うんですか」と苦笑い。しかし、本木の役への取り組み方について「撮影が終わってホテルに戻ると、上の階の本木さんの部屋から、いつもチェロの音色が聞こえた。毎晩撮影を終えてから練習する熱意と勤勉さに感動した」とその真摯な姿勢を褒め称えた。

映画は亡くなった人とその遺族の様々な別れが描かれているが、6月10日に亡くなった映画評論家・水野晴郎氏について話題が及ぶと、滝田監督は「一度番組でご一緒したことがあり、僕の映画を見てくれていたことが嬉しかった。亡くなられたのはとても残念」と同氏に哀悼の意を表し、「実は僕の師匠・向井寛監督(『同窓會』『Last Dance/離婚式』)を一昨日に亡くし、骨を拾うことが出来なかったのだが、師匠にこの映画を贈りたい」と今は亡き師匠との別れを惜しんだ。

おくりびと」は9月13日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi