キム兄が元妻・えみりとの思い出話に赤面。「西の魔女が死んだ」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月12日 > キム兄が元妻・えみりとの思い出話に赤面。「西の魔女が死んだ」
メニュー

キム兄が元妻・えみりとの思い出話に赤面。「西の魔女が死んだ」

2008年6月12日 12:00

身を削っても笑いを取るのは芸人の性(さが)?「西の魔女が死んだ」

身を削っても笑いを取るのは芸人の性(さが)?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 梨木香歩の同名ベストセラー小説を映画化した「西の魔女が死んだ」(長崎俊一監督)の試写会が、6月11日、東京・有楽町のよみうりホールで開かれ、主演のサチ・パーカーほか、高橋真悠、りょう、木村祐一が舞台挨拶に登壇した。

映画は、不登校になってしまった中学生まい(高橋)が、“西の魔女”と呼ぶイギリス人の祖母(パーカー)と過ごすひと夏を通じて成長する姿を、ロケ地・山梨県清里の豊かな自然とともに描く。

家族との夏の思い出を聞かれた登壇者たちがめいめい思い出話を披露する中、りょうは「毎年、旦那(BRAHMANのボーカルのTOSHI-LOW)と子供と野外音楽フェスに行き、その帰りに海や山など自然と触れ合う」と幸せいっぱいな家族のエピソードを話したが、「他にもたくさんあるけど、キム兄さんの前では話しづらい」と、離婚して間もない木村に遠慮。この思わぬ“前振り”に狼狽し、みるみる赤面した木村は、仕方なく(?)「去年、元妻の(辺見)えみりと行った軽井沢が思い出。温泉のお湯がぬるいと言っていたら、2人の間もぬるくなってしまいまして……」と自虐ネタで会場を笑わせ、「本当は、小学生の頃、姉と弟と両親と布団を被りながら四谷怪談を見て怖がっていたという、純真な話をしようと思っていたのに」とぼやいていた。

舞台挨拶の最後には、本作の主題歌を担当する手嶌葵が登場。主題歌「虹」を歌う生ライブが行われ、観客はその澄みきった歌声に聴き入った。

西の魔女が死んだ」は6月21日全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi