アンジェリーナ・ジョリー、16歳の頃をダスティン・ホフマンが語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月12日 > アンジェリーナ・ジョリー、16歳の頃をダスティン・ホフマンが語る
メニュー

アンジェリーナ・ジョリー、16歳の頃をダスティン・ホフマンが語る

2008年6月12日 12:00

今や、演技に社会貢献に 子育てに八面六臂「フック」

今や、演技に社会貢献に
子育てに八面六臂
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ダスティン・ホフマンが、全米初登場で興行収入第1位を獲得した「カンフー・パンダ」(7月26日日本公開)で声の共演をしたアンジェリーナ・ジョリーのティーン時代を振り返り、「ここまで大女優になるとは思わなかった」と米アス誌に語った。

ホフマンがジョリーと初めて出会ったのは、1991年の「フック」のセットで、ジョリーが16歳の時だった。ホフマンは、ジョリーの父で「真夜中のカーボーイ」の共演者ジョン・ボイトから、「子供たちがキャプテン・フックに会えなきゃ死ぬって言うんだ。コスチュームを着てくれるか? 子供たちと行くから」という電話を受け、次の日にフック船長の衣装を着て彼女と会ったそうだ。

兄ジェームズ・ヘイブンと共に現れたジョリーを親友ボイトから紹介されたホフマンは、その時の彼女の印象を「歯には歯列矯正器をはめ、背が高くて、やせっぽちで、内気そうな女の子だった」と述懐する。

「それから彼女と少し会話して『誰にでも夢があると思うけど、キミは何をしたいの?』と聞くと、彼女は鋭い目つきで私を見て『女優になりたい』と言った。それから家に帰って妻にこう言ったんだ。『あのコが女優として大成するのは、相当険しい道のりだろうな』とね(笑)」

ジョリーは8年後、「17歳のカルテ」でアカデミー助演女優賞を受賞。ブラッド・ピットと熱愛関係になり、クリント・イーストウッド監督の次回主演作「エクスチェンジ」(別題「チェンジリング」、全米11月7日公開)で再びオスカー候補になるのでは、と噂されている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi