「いやぁ、映画って本当にいいもんですね」の映画評論家・水野晴郎氏が死去! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月11日 > 「いやぁ、映画って本当にいいもんですね」の映画評論家・水野晴郎氏が死去!
メニュー

「いやぁ、映画って本当にいいもんですね」の映画評論家・水野晴郎氏が死去!

2008年6月11日 12:00

[映画.com ニュース] 1972年から「水曜ロードショー」(のちに「金曜ロードショー」)の映画解説を務め、「いやぁ、映画って本当にいいもんですね」という名文句を生んだ映画評論家・水野晴郎(本名・水野和夫)氏が6月10日に亡くなった。76歳だった。

1956年に20世紀フォックス映画に入社し、映画界入り。その5年後、日本ユナイト映画に移籍して宣伝総支配人を務め、「真夜中のカーボーイ」や「007/危機一発」(現タイトル「007/ロシアより愛をこめて」)など意図的に誤字を使った邦題でヒットに結びつけたのは有名な話。

独立後、映画評論家になると、39歳から故・淀川長治氏や故・荻昌弘氏にならって、TVの映画解説を担当。コメントの最後に「いやぁ、映画って本当にいいもんですね」と語り、お茶の間の人気を集めた。

警察に関する豊富な知識やコレクションでも知られ、晩年はマイク水野名義で映画監督にも進出。幼少時代に過ごした満州での体験をベースに、「シベリア超特急」シリーズを手がけた。近年は体調不良により、入退院を繰り返していた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi