「スピード・レーサー」吹替え版に、63歳のオリジナルアニメ声優が出演! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月10日 > 「スピード・レーサー」吹替え版に、63歳のオリジナルアニメ声優が出演!
メニュー

「スピード・レーサー」吹替え版に、63歳のオリジナルアニメ声優が出演!

2008年6月10日 12:00

ある意味“セルフ・リメイク”でしょうか「スピード・レーサー」

ある意味“セルフ・リメイク”でしょうか
(C)2008 Warner Bros.Ent. All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「マトリックス」のアンディ&ラリー・ウォシャウスキー兄弟監督が、日本のアニメ「マッハGoGoGo」を実写映画化した「スピード・レーサー」(7月5日公開)。その日本語吹替え版に、オリジナルアニメで主人公の三船剛を演じた声優、森功至(もり・かつじ)の出演が決定した。

森は1945年生まれのベテラン声優。「マッハGoGoGo」と同じタツノコプロのアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」の大鷲の健や、「サイボーグ009」(1968年版)の島村ジョーなど、数多くのヒーロー役の声優として知られる(当時の芸名は田中雪弥)。現在も声優、ナレーターとして活躍している。

スピード・レーサー」日本語吹替え版では、主人公の若き天才レーサーのスピード・レーサーをKAT-TUNの赤西仁、その恋人トリクシーを上戸彩が担当。森は、スピードに薫陶を授ける伝説の名レーサー、ベン・バーンズの吹替えを務める。オリジナル作品の主人公が、実写映画化作品の主人公へ熱き“レーサー魂”をバトンタッチする。

また、オリジナルアニメで六郷警部を演じた声優の内海賢二も、スピードの父パパ・レーサー役の吹替えを担当するということで、往年のファンにはうれしいキャスティングとなった。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi