ドウェイン・ジョンソン、プロレスラー“ザ・ロック”訣別宣言 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月9日 > ドウェイン・ジョンソン、プロレスラー“ザ・ロック”訣別宣言
メニュー

ドウェイン・ジョンソン、プロレスラー“ザ・ロック”訣別宣言

2008年6月9日 12:00

“ピープルズ・エルボー”は もう見られない?「ゲット スマート」

“ピープルズ・エルボー”は
もう見られない?
Photo : ロイター/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米WWEの人気プロレスラー“ザ・ロック”としても有名なドウェイン・ジョンソンが、エンターテインメント・ウィークリー誌最新号のインタビューに答え、“ザ・ロック”の名前を降ろすことをほのめかした。

「私はそのニックネームと共に全てを築いてきたことを承知しているが、そのネームバリューなしに何かもっと多くのことが出来ないものかずっと模索してきた。(私の名前が)“ザ・ロック”からドウェイン・“ザ・ロック”・ジョンソンへ、そしてドウェイン・ジョンソンへと変わるのは自然の成り行きなんだ」と語った。

ジョンソンの最新出演作は、スティーブ・カレルアン・ハサウェイ共演作で、60年代の人気TVスパイドラマをリメイクしたスパイアクション映画「ゲットスマート」(6月20日全米公開、秋日本公開)。現在は、次の出演作「レース・トゥ・ウィッチ・マウンテン(Race to Witch Mountain)」をラスベガスで撮影している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi