クリント・イーストウッド監督がスパイク・リー監督の批判に「黙れ!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月9日 > クリント・イーストウッド監督がスパイク・リー監督の批判に「黙れ!」
メニュー

クリント・イーストウッド監督がスパイク・リー監督の批判に「黙れ!」

2008年6月9日 12:00

あしらい方も、 年配者の余裕?「父親たちの星条旗」

あしらい方も、
年配者の余裕?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 先月のカンヌ国際映画祭で戦争映画の新作「Miracle at St. Anna」(現在ポストプロダクション中で、第2次大戦のイタリアで奇跡の生還を果たした黒人兵士の物語)をPRしたスパイク・リー監督が、クリント・イーストウッド監督の「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」を槍玉に挙げ、「黒人兵士が出てこないのはおかしい」と批判したことに端を発した、2人の映画作家の舌戦が激しくなってきた。

ダーティハリー」DVD BOXの発売を記念して英国メディアの取材を受けたイーストウッド監督は、英ガーディアン紙に反論。「私が『バード』(黒人ジャズサックス奏者チャーリー・パーカーの伝記映画)を撮った時も、ヤツは文句を言ってきた。白人がそれをしちゃいかんのかね?」と語り、さらに「『父親たちの星条旗』に関しても、彼らは星条旗を掲げなかった。あれはあの有名な星条旗を掲げる写真についての物語であり、彼ら(黒人兵士)はそこにいなかった。もし私が無理にでも、アフリカンアメリカンの俳優を使って演じさせたら、『コイツ、正気じゃないな』と言われるし、正しくない」と反撃。加えて「私は歴史的に十分考証して、映画を撮っている。ヤツのような男は黙ってろ」と言い放った。

イーストウッド監督の「エクスチェンジ」(アンジェリーナ・ジョリー主演)の次回作は、「許されざる者」「ミリオンダラー・ベイビー」での滋味深い演技が印象的だったモーガン・フリーマンが、ネルソン・マンデラ元南ア大統領を演じるラグビー映画「ヒューマン・ファクター」。過去のイーストウッド作品を見る限り、フリーマンをはじめ、アフリカ系俳優の扱い方において差別的なものは一切ないだけに、リー監督の“口撃”は完全な的外れのようだ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi