押井守の傑作がバージョンアップ!「攻殻機動隊2.0」7月12日公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月9日 > 押井守の傑作がバージョンアップ!「攻殻機動隊2.0」7月12日公開
メニュー

押井守の傑作がバージョンアップ!「攻殻機動隊2.0」7月12日公開

2008年6月9日 12:00

ウォシャウスキー兄弟もビックリ!? (上が2.0、下がオリジナルのカット)「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」

ウォシャウスキー兄弟もビックリ!?
(上が2.0、下がオリジナルのカット)
(C)1995・2008士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル
・MANGA ENTERTAINMNET
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 押井守監督のアニメ代表作「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」(95)が、押井監督最新作「スカイ・クロラ The Sky Crawlers」の8月2日公開にあわせ、「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」として7月12日に劇場公開されることが決定した。押井監督自ら全カットに完全リニューアル作業を施し、次世代に向けた21世紀版「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」を製作している。

「攻殻機動隊2.0」では、最新デジタル技術を使用し、新作3DCGカットや最新のデジタルエフェクトも導入。サウンドデザインもフルリニューアルし、オリジナル声優に加え、押井作品の常連で「スカイ・クロラ」にも出演しているベテラン声優・榊原良子が新たに参加し、主人公・草薙素子が追跡するハッカー“人形使い”を演じる(オリジナル版の声優は家弓家正)。アフレコも全編新たに行ったという。

また、音楽・音響面も全面的に刷新。押井監督との名コンビで知られ、オリジナル版の音楽も担当した川井憲次が、最新の6.1chサウンドに新たにリミックス。音響面では「Mr.インクレディブル」でアカデミー賞を受賞したランディ・トムが、「スカイ・クロラ」に続きサウンドデザイナーとして参加。ジョージ・ルーカスのスカイウォーカーサウンドで新たに音響を制作した。

オリジナル版は、士郎正宗のコミックを原作に、内閣総理大臣直轄の特殊部隊「公安9課(通称:攻殻機動隊)」の面々が、凄腕の国際級ハッカー“人形使い”と対峙するサイバーSFアクション。その斬新なビジュアル表現が「マトリックス」のウォシャウスキー兄弟ら、ハリウッドの名だたる監督たちに影響を与えたことは有名な話で、アメリカではビデオ発売時にビルボード誌の週間売上ナンバーワンも獲得。正式なアナウンスはないが、ハリウッド実写版製作も噂されている人気作品だ。

リニューアルされた場面カット(写真上)を見ると、オリジナル版(写真下)に比べ一部がオレンジがかった色調となっており、同作の続編にあたる「イノセンス」(04)の色調を彷彿とさせる仕上がりになっている。

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊2.0」は7月12日より、東京(新宿ミラノ)、大阪(なんばパークスシネマ)、名古屋(名古屋ピカデリー)、福岡(福岡UCIキャナル・シティ)、札幌(札幌シネマフロンティア)の5大都市で限定公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi