「ブルー・ブルー・ブルー」のイケメン2人が「寒かった」と告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月6日 > 「ブルー・ブルー・ブルー」のイケメン2人が「寒かった」と告白
メニュー

「ブルー・ブルー・ブルー」のイケメン2人が「寒かった」と告白

2008年6月6日 12:00

屈強な2人も、寒さは大敵だったようで…「ブルー・ブルー・ブルー」

屈強な2人も、寒さは大敵だったようで…
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オーストラリアの絶好のサーフポイント、ニューカッスルを舞台に、プロサーファーを目指す若者たちの恋と友情を描く青春映画「ブルー・ブルー・ブルー」(ダン・キャッスル監督)。主人公ジェシーを演じた、12歳からサーフィンが大好きという俳優ラクラン・ブキャナンと、サーフィン仲間アンディを演じた実際のプロサーファー、カーク・ジェンキンスという20代前半のイケメン2人が5月に来日。同作の撮影秘話を語った。

2人ともサーフィンの腕前には自信があったものの、撮影時の難敵は、寒さだったと口を揃える。「撮影期間は6週間で、撮影後半は真冬に突入したんだ。毎日2、3時間撮影したが、20分~30分しか海に入れないほどの寒さだった。じっと海に浸かっているなんて無理な話で、パドリングしたりして寒さをしのいだよ」(ブキャナン)、「パドリングもよくしたけど、意味もなく“叫んで”身体を温めたよ(笑)」(ジェンキンス)とか。鳥肌が立たないように懸命に努力したというが、「カメラが回る緊張感からか、頭を使ってどう演技しようか考えているうちに、体温がどんどん下がって、もう耐えるしかなかった」(ブキャナン)と、過酷だった撮影を振り返った。

リトル・ダンサー」のビリー少年がバレエによって炭鉱町から抜け出せたように、同作ではサーフィンが港町ニューカッスルから抜け出す唯一の手段になるという、青春映画の王道とも言うべきビルティングスロマン(通過儀礼映画)的主題がある。もし生まれ変わったとしても「サーフィンをやる」と豪語する2人は、「仲間全員で車でビーチに向かう場面。オーストラリアで流行っている音楽をみんなで歌うんだけど、僕らのサーフィン人生がビビッドに伝わってくると思うんだ」(ブキャナン)、「僕を含めてプロサーファーがたくさん出ているから、彼らの技を見てほしいね。それとビッグクラッシュの場面も、見逃さないでね」(ジェンキンス)と、それぞれにオススメの場面をアピールした。

ブルー・ブルー・ブルー」は6月7日全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi