木下優樹菜が我を忘れて絶叫!?「REC/レック」女子高生限定廃屋試写会 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月5日 > 木下優樹菜が我を忘れて絶叫!?「REC/レック」女子高生限定廃屋試写会
メニュー

木下優樹菜が我を忘れて絶叫!?「REC/レック」女子高生限定廃屋試写会

2008年6月5日 12:00

「ヤバくない?」を連発した木下「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」

「ヤバくない?」を連発した木下
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スペインで公開されるや、100万人動員の大ヒットを記録したスペイン製感染パニックムービー「REC/レック」(ジャウマ・バラゲロパコ・プラサ監督)の“女子高生限定廃屋試写会”が、6月4日、東京・渋谷区にある廃屋スタジオにて行われた。

同作は、消防隊の密着取材を続けていたTVクルーが、封鎖されたアパートの住人を次々と凶暴化させる伝染病が発覚する恐怖を映し出すというストーリー。「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」や「クローバーフィールド/HAKAISHA」でも用いられた“主観撮影”により、その恐怖がリアルに描かれている。

この日は、打ちっぱなしのコンクリートにむき出しの鉄骨という映画さながらの不気味な廃屋のスタジオに、女子高生たちが集合。

上映に先立って行われたトークショーでは、タレントの木下優樹菜が、控え室から廃屋スタジオの中を手持ちカメラでレポートしながら登場。不穏な雰囲気に「超ヤベー!」「こんなとこ行くの? マジありえない!」とギャル語を連発して会場を笑わせたが、何度となく幽霊を見てきた経験を告白。「実は(スタジオまで来るレポート中)ずっと子供がいる気配を感じていた」と明かし、女子高生たちは身震いしていた。

最後に、木下は「(同作を)移動中の車で見て、何度もギャーギャー叫んでしまった(笑)。自分が自分でなくなりそうな(くらい怖くて騒いでしまう)作品なので、自分を見失わないようにしてほしい」と真剣な顔でPRした。

「REC/レック」は6月14日より全国順次ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi