小泉今日子、黒沢清監督に「魔法にかけられた」。カンヌ受賞作凱旋 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月5日 > 小泉今日子、黒沢清監督に「魔法にかけられた」。カンヌ受賞作凱旋
メニュー

小泉今日子、黒沢清監督に「魔法にかけられた」。カンヌ受賞作凱旋

2008年6月5日 12:00

監督、キャストが一丸となっての受賞「トウキョウソナタ」

監督、キャストが一丸となっての受賞
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 香川照之小泉今日子が主演し、先月のカンヌ国際映画祭「ある視点」部門で審査員賞を受賞した黒沢清監督最新作「トウキョウソナタ」の凱旋会見が、6月4日、東京・恵比寿ザ・ガーデンルームにて開かれた。会見には黒沢監督以下、主演の香川、小泉らが揃った。

トウキョウソナタ」は、これまでホラー色の強い作品を多く手がけてきた黒沢監督が初めて挑んだ家族劇。それぞれに秘密を抱えた父(香川)、母(小泉)、長男(小柳友)、次男(井之脇海)の4人家族の不協和から再生への道程が描かれる。

会見ではまず、カンヌの授賞式前に帰国した黒沢監督に、駐日フランス大使館文化参事官アレクシス・ラメックス氏から改めて賞状が授与された。同映画祭の象徴であるパームヤシの葉が描かれた賞状を手にした黒沢監督は、「カンヌで賞をもらったと実感する。もらってみるといいものですね」と破顔し、「とても幸せなプレゼント」と喜びを語った。一方、カンヌでの上映後に「手応えを感じていた」と話す香川は、「NHKのニュースで受賞が報じられているのを見て浮かれた(笑)」とコメント。小泉も「身が引き締まる思い」と、それぞれが受賞に感慨深い様子だった。

また、香川は「入念に準備して現場の空気を支配し、動的なシーンでも平然としているが、実は大きな汗を流している。監督の汗はいつもチェックしていた(笑)」と、世界に認められた才能・黒沢監督の真剣な仕事ぶりを讃え、小泉も「(監督に)魔法にかけられたようで、気が付くと撮影が終わっているようなものだった」とその手腕に惚れ込んでいた。

そんな賛辞を受けた黒沢監督は、何度も国際映画祭への参加経験がある香川はもちろんのこと、初めてのカンヌ映画祭参加で現地での評価も高かった小泉を「普段は穏やかで笑顔だと“キョンキョン”なのだが、時折、ふと人の心を貫くような、本質を見抜く目線になる」と絶賛していた。

トウキョウソナタ」は9月、恵比寿ガーデンシネマほかにて公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi