「ターミネーター4」からジョン・コナー妻役が降板。代役はあの人? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年6月4日 > 「ターミネーター4」からジョン・コナー妻役が降板。代役はあの人?
メニュー

「ターミネーター4」からジョン・コナー妻役が降板。代役はあの人?

2008年6月4日 12:00

名監督の娘ですが 実力で成長「ターミネーター」

名監督の娘ですが
実力で成長
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「レディ・イン・ザ・ウォーター」「スパイダーマン3」の女優ブライス・ダラス・ハワードが、現在撮影中の「ターミネーター」シリーズ第4弾「Terminator Salvation: The Future Begins」に急遽出演することになりそうだ。

ターミネーター4」の舞台は2018年。スカイネットやターミネーターに対する革命軍のリーダーとなることを運命づけられたジョン・コナー(クリスチャン・ベール)だが、マーカス・ライトという謎の男(サム・ワーティングトン)の出現によりその運命が変わっていく。スカイネットが人類撲滅の準備を進める中、コナーとライトは協力してスカイネットの心臓部へ乗り込むが、そこで人類の生存を脅かす、ある秘密を知ってしまうというストーリーだ。

もともとジョン・コナーの妻、ケイト・コナー役にはシャルロット・ゲンズブールが決定していたが、スケジュールの都合で降板。現在、製作陣はブライス・ダラス・ハワードと交渉中だという。

クランクイン直後にシャルロットが降板した背景には、米俳優組合(SAG)のストライキの可能性が高まってきたことが関係している。SAGとスタジオ側の現行契約が6月30日で満了するため、それまでに両者が新契約で合意できなければ、ハリウッドは再びストライキに入る可能性がある。そうなった場合、「ターミネーター4」も撮影が延期されることになり、その後の出演予定作とスケジュールがバッティングしてしまうことから、シャルロットは出演を辞退した模様だ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi