故シドニー・ポラック監督の映画企画の行方は? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月30日 > 故シドニー・ポラック監督の映画企画の行方は?
メニュー

故シドニー・ポラック監督の映画企画の行方は?

2008年5月30日 12:00

ポラックの遺作は7月12日公開「近距離恋愛」「スライディング・ドア」

ポラックの遺作は7月12日公開「近距離恋愛」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 5月26日にシドニー・ポラック監督がガンのため死去したことで、彼の製作会社ミラージュ・エンタープライズが準備していた数々の映画プロジェクトの行方が注目を集めている。

同社はポラック監督が85年に設立した会社で、2000年にアンソニー・ミンゲラ監督が共同経営者として参加。2人の監督作の他に、「スライディング・ドア」「アイリス」「フィクサー」といった佳作をプロデュースしている。現在は、ベルンハルト・シュリンク原作の「朗読者」(スティーブン・ダルドリー監督)やドイツ映画「善き人のためのソナタ」のハリウッド・リメイク、アレグザンダー・マコール・スミス原作「No.1レディーズ探偵社」のTVシリーズといった企画がそれぞれ製作過程にあるが、ポラックとミンゲラという両トップが相次いで死去したことで、指導的役割を果たす人間がいなくなった状態にある。

他にも開発中の企画は多数あり、同社の重役は「今は目隠しで飛行しているような状態だ」と漏らしている。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi