三谷監督と佐藤浩市が絶妙なかけあいを披露!「ザ・マジックアワー」試写会 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月30日 > 三谷監督と佐藤浩市が絶妙なかけあいを披露!「ザ・マジックアワー」試写会
メニュー

三谷監督と佐藤浩市が絶妙なかけあいを披露!「ザ・マジックアワー」試写会

2008年5月30日 12:00

猟奇的な顔でナイフを舐める佐藤に注目「ザ・マジックアワー」

猟奇的な顔でナイフを舐める佐藤に注目
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 三谷幸喜監督によるノンストップ・コメディ「ザ・マジックアワー」の特別試写会が、5月29日、東京・有楽町の朝日ホールにて行われ、三谷監督と主演の佐藤浩市が、本作のテーマ曲を演奏した。この日の試写会には、約7000通を超える応募があり、観客席は多くの幸運な女性たちで埋まった。

本作は、架空の港町を舞台に、街を牛耳るギャングのボス(西田敏行)の愛人(深津絵里)に手を出した手下の劇場支配人(妻夫木聡)が、売れない三流役者(佐藤)を映画の撮影と称して凄腕の殺し屋に仕立て上げるというストーリー。

本作の中で、ナイフを舐めたり、かぶってもいない仮面をはごうとするなど、これまでのイメージからは想像もつかない、抱腹絶倒の演技を見せている佐藤。そのシーンについて、「脚本のト書きに“猟奇的な顔でナイフを舐める村田大樹”と書いてありました。女房、子供が寝静まった深夜に1人、洗面所の鏡に向かって“猟奇的な顔って何?”と思いながら練習しましたよ」と振り返り、会場の笑いを誘った。

すると、三谷監督は「脚本家というのはいい加減なもの。猟奇的な顔とはどんなものか分かっていないし、“こう書けばきっと(俳優が)何かやってくれる”と思って書いている。佐藤さんは見事に想像を上回る演技を見せてくれた」と、大絶賛した。しかし、佐藤は「“こうやって書けば、何かやってくれる”と思って書いたの?」と、不満そうな表情を浮かべ、そのやりとりに会場には更なる笑いが巻き起こった。

ザ・マジックアワー」は6月7日より全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi