純白ウエディングドレス姿の西川史子「バージンに戻りたい」としみじみ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月28日 > 純白ウエディングドレス姿の西川史子「バージンに戻りたい」としみじみ
メニュー

純白ウエディングドレス姿の西川史子「バージンに戻りたい」としみじみ

2008年5月28日 12:00

やっぱり最後は“金”なのね「幸せになるための27のドレス」

やっぱり最後は“金”なのね
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 花嫁付添い人として他人の幸せのために奔走していた女性(キャサリン・ハイグル)が、自分自身の幸せに向けて一歩踏み出していく姿を描く「幸せになるための27のドレス」。5月27日、東京・六本木の六本木ヒルズ大展望台、東京シティビューにて、映画協賛企画「2008恋人の聖地 全国プロポーズの言葉コンテスト」が開催され、女医でありタレントの西川史子、華道家の假屋崎省吾、ブライダルファッションデザイナーの桂由美が審査員として登壇した。

コンテストでは、優秀作品に選ばれた応募者への表彰が行われ、「月に引力があるように人の出会いにも引力がある。出会うべくして僕らは出会った」などロマンチックなプロポーズの言葉の数々が紹介された。

表彰式の後、日頃からTV番組等で「結婚したい」と公言している30代後半の西川が、劇中にも登場する桂由美デザインのウエディングドレス姿で、假屋崎アレンジの特製ブーケを持って再登場。司会者から「プロポーズされたことは?」と聞かれると、「よくプロポーズされますが、今のところお断りしています。私は“高嶺の花”すぎるから」といつもながら高飛車なコメント。「もし西川さんのお眼鏡にかなう人が現れたら自分からプロポーズする?」との質問にも、「やっぱりプロポーズはしてもらいたい。『結婚してください』と敬語で言われたいですね」と女王様キャラ全開で答えていた。

映画の中では、いつも脇役(花嫁付添い人)ばかり務めていたヒロインが、過去を脱ぎ捨て自分を変えようと奮闘する姿が描かれているが、自身も過去を変えたいと思ったことがあるかと問われた西川は、「バージンに戻れたら、とは思いますね」と言ってマスコミの失笑を買い、「この映画を見てよりいっそう結婚したくなった。私も他人を祝ってばかりいたので、この辺でお金を回収したいと思っています」と、最後には打算も感じさせるコメントでイベントを締めくくった。

幸せになるための27のドレス」は、5月28日(水)にレディースデイ先行上映。5月31日より全国ロードショー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi