いよいよ始動の「ホビット」製作に、原作者トールキンの息子が「待った!」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月28日 > いよいよ始動の「ホビット」製作に、原作者トールキンの息子が「待った!」
メニュー

いよいよ始動の「ホビット」製作に、原作者トールキンの息子が「待った!」

2008年5月28日 12:00

[映画.com ニュース] 指輪を奪い合う物語さながらに、裁判が絶えない「ロード・オブ・ザ・リング」の新たな裁判が、米カリフォルニア州で6月6日にも始まるようだ。

原作者J・R・R・トールキンの息子、クリストファ・トールキン(83)が、製作会社ニューライン・シネマを訴えたもので、訴状の詳しい内容は不明だが、同社が「ロード・オブ・ザ・リング」3部作で売り上げた60億ドルのうち、トールキン一族は1億6000万ドル(約165億円)を受け取る権利があると主張。だが、実際にニューラインから支払われたのはたった6万2500ドル(約650万円)でしかないという。

原作者トールキンは生前の1969年に税金を支払う債務に追い込まれた際、映画化作品の利益の7.5%を受け取るというオプション権を売り払ったと言われているが、トールキン財団を運営するクリストファと妹プリシラは、ニューラインによる映画化を一切認めない考えだ。父トールキンの原作小説を翻案、ギレルモ・デル・トロ監督、ピーター・ジャクソン製作総指揮により、いよいよ製作が始動した「ホビット(The Hobbit)」の製作中止を求め、もし製作するならばトールキン財団への賠償金3億ドル(約310億円)を支払えと要求している。

余談だが、クリストファ・トールキンは「ロード・オブ・ザ・リング」3部作を一度も見たことがないとされ、トールキン・ファンからも奇人扱いされている人物。この件に関して、ニューラインと親会社のワーナーからは一切コメントが出ていない。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi