大泉洋のトークに共演者もうんざり?「アフタースクール」初日舞台挨拶 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月26日 > 大泉洋のトークに共演者もうんざり?「アフタースクール」初日舞台挨拶
メニュー

大泉洋のトークに共演者もうんざり?「アフタースクール」初日舞台挨拶

2008年5月26日 12:00

大泉洋の母も絶賛のコメディ?「アフタースクール」

大泉洋の母も絶賛のコメディ?
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 前作「運命じゃない人」で、05年カンヌ国際映画祭4冠受賞を果たした内田けんじ監督待望の最新作「アフタースクール」が、24日に初日を迎え、渋谷、新宿、横浜ほか5カ所にて舞台挨拶が行われた。

ロケ地ともなった新宿歌舞伎町にある新宿ジョイシネマ1に登場した大泉洋佐々木蔵之介堺雅人田畑智子内田けんじ監督は、立ち見まで出た満場の客席に大満足の様子。特に大泉は、いつも以上のハイテンションでトークを繰り広げたが、作品はネタバレ厳禁のサスペンスコメディだけに「何を話せばいいのやら」状態。たまらず堺雅人が、「それだけ喋っても、活字にしたら情報量ゼロだから(笑)」と突っ込みを入れると、客席は爆笑に包まれた。

“元同級生を名乗る探偵とともに、行方をくらませたかつての同級生を追う”物語ということもあり、65年生まれの佐々木、72年生まれの内田監督、73年生まれの大泉&堺と、キャスト&スタッフ陣は同世代がほとんど。佐々木は「今回共演したことで(大泉についての)新しい発見は、ない」と断言、堺は「喋ると楽しい人だけど、ちょっと疲れます」とボケるなど、チームワークの良さが際立つ舞台挨拶となった。

「味のある個性的な俳優が多数出演」(内田監督)、「いつも辛口のおふくろが『おもしろい』って褒めたんです。“大泉の母”も絶賛!(笑)」という「アフタースクール」は現在公開中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi