人生は苦痛の継続!?「パリ、恋人たちの2日間」ジュリー・デルピーが語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2008年5月23日 > 人生は苦痛の継続!?「パリ、恋人たちの2日間」ジュリー・デルピーが語る
メニュー

人生は苦痛の継続!?「パリ、恋人たちの2日間」ジュリー・デルピーが語る

2008年5月23日 12:00

大人のウィットに富んだシニカルなラブコメ「パリ、恋人たちの2日間」

大人のウィットに富んだシニカルなラブコメ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「トリコロール/白の愛」「恋人までの距離(ディスタンス)」「ビフォア・サンセット」で知られるフランスの女優ジュリー・デルピーが、パリを舞台に仏米のカルチャー・ギャップを交えつつ、カップル破局の危機をコミカルに描いた映画「パリ、恋人たちの2日間」。本作で、監督・脚本・製作・編集・音楽・主演の1人6役を務めたデルピーがPRのために来日。インタビューに応じてくれた。

ベネチアでのバカンス帰りにマリオンの実家があるパリに立寄ったニューヨーク在住のフランス人女性マリオン(デルピー)とアメリカ人男性ジャック(アダム・ゴールドバーグ)。最初は2日間だけとタカをくくっていたジャックだったが、マリオンの両親をはじめ、次々と現われるマリオンの元カレなど、数々のカルチャー・ギャップに苦しみ、マリオンとの関係が次第に崩れていく……。

本作が長編第2作となるデルピーは、最初からコメディを作るつもりでシナリオを書いたという。「『ビフォア・サンセット』を作り終えて、次はコミカルな映画にするつもりだった。ただ、『パリにいる恋人たちが48時間で別れてしまう』というのがテーマだったので、その別離をいかに面白く描くかが大事。口喧嘩や政治的な話の出てこない形式化された“ラブコメにはしたくなかったので、意図的にシニカルで政治的な部分を入れて、ひと味違うラブコメを作ったつもり」

ありがちなハッピーエンドは避けて、あえて男女の別離をテーマにラブコメを作り上げたデルピー。男女が違いを超えて平和的に過ごすには、どうしたらいいかという根源的な問いかけに対しては「自分でもよく分からないけど、私は人生は長い苦痛の継続だと思っている。私自身が幸せを感じるのは仕事をしている時なので、(パートナーの)愛情を通して幸せになるということには確信がもてない。それでも、どこかで愛を信じているところもある。愛は成就するのかということをこの作品では投げかけたつもりだけど、やっぱり疑問の方が多いわね」と冷静な答えが返ってきた。

パリ、恋人たちの2日間」は5月24日より公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi